※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「横浜第107団について」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

横浜第107団について」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

+#ref(http://www57.atwiki.jp/107scout?cmd=upload&act=open&pageid=1&file=20130901%E9%9B%86%E5%90%88%E5%86%99%E7%9C%9F.jpg)
 |団名|日本ボーイスカウト神奈川県連盟横浜中央地区横浜第107団|
 |団委員長|須藤千秋|
 |主な活動場所|コムラズの森,大池公園,旭区市民活動支援センター「みなくる」,等|
 |団創設年月日|昭和52年5月22日|
 **&bgcolor(yellow){団の目的}
 ベーデン・パウエル(ボーイスカウト活動の創始者)の理想に沿い、青少年の健全な成長を助け、能力に応じて社会の発展に役立てる人材の育成に貢献する。
 
 **&bgcolor(orange){目的達成のための基本方針}
 ・各隊は、青少年の年齢層に応じた魅力的プログラムを展開するとともに、全体として一貫性を実現することで、青少年の人格的成長を助けていく。
 ・団の存続の基盤は、その青少年および保護者がこれらの活動を通じて得られる、達成感、充実感、一体感、希望、向上心などの幸福感である。
 
 **&bgcolor(pink){コムラズの森} 
 &lightbox(コムラズ入り口.jpg,link=image,width=164,height=123)
 //&chizuz(埋込み用HTMLタグ) #googlemaps(){ HTMLタグ }
 コムラズの森は横浜107団が主に活動しているキャンプ場です。
 保土ヶ谷バイパス下川井出口からすぐのところにあります。
 コムラズという名前は『仲間たちの森』という意味を込めてつけられました。
 comrade[英]僚友、仲間、同志、組合員、戦友(研究者新英和中辞典)
 Kamerad[独]仲間、同志、党員、組合員、同級生、戦友(三修社現代独和辞典)
 
 **&bgcolor(red){活動場所}
 横浜107団は主に二俣川駅や鶴ヶ峰駅の周辺で活動しています。
 そのため横浜107団は旭区や保土ヶ谷区に住んでいるスカウトが多いです。
 山登りやスキー等の活動では県外に行くこともあります。
 
 **&bgcolor(white){問い合わせ先}
 体験、見学、入団希望の方や横浜107団について興味の方はこちらまで
 電話   
 367-3664 (団委員長)
 080-3392-2043(ビーバー・カブ隊長)
 090-6302-6042(ボーイ隊長)
 080-3392-2043(ベンチャー隊長)
 090-1216-0713(ローバー隊長)