最終更新: 2014/10/10 01:56:50

ギルガルド

No.681 タイプ:はがね/ゴースト
特性:バトルスイッチ(戦闘モードで姿が変わる)
体重:53.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
ギルガルド(シールド) 60 50 150 50 150 60
ギルガルド(ブレード) 60 150 50 150 50 60

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) ほのお/じめん/ゴースト/あく
いまひとつ(1/2) くさ/こおり/エスパー/いわ/ひこう/ドラゴン/はがね/フェアリー
いまひとつ(1/4) むし
こうかなし ノーマル/かくとう/どく

優秀な耐性と条件次第でメタグロスシャンデラを超える攻撃・特攻種族値、デスカーンを超える耐久種族値を持つ。
種族値・技範囲・影打ちによりタイマンに強く、優秀な耐性も相俟ってサイクル戦にも適正があり、
耐性と両刀可能な種族値を活かした対受けループや、影打ちによる終盤の一掃などもできる。
さらにゴースト技と格闘技の相性補完が完璧で、2タイプを半減以下にできるポケモンがいないため非常に受けづらい。
一方でみがわり、イカサマ、混乱自傷など弱点も多い上に技スペースもキツく、一致技の威力には恵まれていない。
A222/C222ギルガルドのアイアンヘッド/シャドーボール(攻撃指数26640)の威力は、A182ガブリアスの地震(指数27300)を下回る。

サザンガルドと称されるサザンドラとの弱点の埋め合いがかなり良好で、
この二匹だけでお互いの弱点はおろか全てのタイプを半減以下で受ける事が出来る(特性きもったまの闘技,特性かたやぶりの地面技のみ一貫)。



基礎情報

特性「バトルスイッチ」について

  • 通常ギルガルドは「シールドフォルム」という形態。
  • 攻撃技を選択した際、技を繰り出す直前に「シールドフォルム」から「ブレードフォルム」にフォルムチェンジする。
    変化技ではフォルムチェンジはしない。
  • ブレードフォルムの状態で技「キングシールド」を使用すると「シールドフォルム」に戻る。
  • ブレードフォルムの状態で手持ちに戻ると「シールドフォルム」に戻る。
  • バトルスイッチによるフォルムチェンジと、技を使えるかの判定は別々に行われる。
  • 変化するのは実際の数値ではなく種族値。
  • フォルムチェンジしてもHPと素早さは変わらない
  • なかまづくり、シンプルビームなどで特性を書き変えられない
  • 特性トレースが働かない(トレースの特性を持つポケモンの特性が書き変えられない)
    • トレースが対峙した場合、ギルガルドが交代して他のポケモン(トレースが有効な特性)が場に出たとき、そのタイミングでトレース発動。
+ 詳細

技「キングシールド」について

  • ブレードフォルムの状態で技「キングシールド」を使用すると「シールドフォルム」に戻る。
  • 相手の攻撃技を防ぐ。
  • 防いだ攻撃技が直接攻撃の場合、相手の攻撃を2段階下げる。
  • 優先度+4
  • 連続使用で成功確率が下がる

確率判定もまもる等の技と共通(まもる→キングシールド→まもる・・・でずっと守り続けるとかは無理)
守るの完全上位互換というわけではなく、鬼火、宿り木、挑発、甘えると言った変化技は防ぐことができない点に注意。


技候補

物理技 威力 命中 タイプ 追加効果 備考
アイアンヘッド 80(120) 100 怯み30% 物理メインウェポン。フェアリーへの役割をもてるが、怯みの恩恵は受けにくい。
ジャイロボール ~150(225) 100 -- 威力素早さ依存。ニダンギルのウェポンである。
シャドークロー 70(105) 100 急所率+1 タイプ一致だが技威力は低め。
かげうち 40(60) 100 優先度+1 ちからもちマリルリのアクアジェットに匹敵する威力をもつ。
物理型特殊型問わず候補に入る。
せいなるつるぎ 90 100 能力変化無視 一致技との相性補間に優れるサブウェポン。
追加効果も優秀で、ハピラキなどに役割が持てるようになる。
いわなだれ 75 90 怯み30% 4倍ピンポイント。ストーンエッジは覚えない。
もろはのずつき 150 80 反動1/2 高威力高リスクなサブウェポン。
からげんき 70→140 100 -- 状態異常時威力2倍。主に火傷対策として有用。
特殊技 威力 命中 タイプ 追加効果 備考
シャドーボール 80(120) 100 特防↓20% タイプ一致技。半減されにくいため一貫性がとりやすい。
ラスターカノン 80(120) 100 特防↓10% 特殊一致技。
めざめるパワー 60 100 -- 4倍意識の氷や炎などが候補か。
変化技 命中 タイプ 備考
キングシールド -- 優先度+4。シールドフォルムへの戻りに。
直接攻撃に対して攻撃を2段階下げる追加効果があるが、挑発などの変化技は防げない。
みがわり -- 状態異常回避や交換際などに貼れれば一気にアドバンテージが稼げる。
つるぎのまい -- ギルガルド独自の種族値・特性から積む機会は作りやすい。
抜き性能も高められるが、警戒もされるので注意。

持ち物考察

括弧内のパーセンテージはPGLシーズン5シングル統計における所持率

  • じゃくてんほけん(50.8%)
元々等倍が水、電気の二種しかなく、高確率で半減かほけん発動の二択を相手に迫れる。
シールドフォルムならよほどの火力でない限り一撃では落ちないのもポイント。
特殊型の場合、A170ランク+2聖なる剣でH181B120メガガルーラに対し確1となる。
14年8月現在最も読まれやすい持ち物であり、生き残る圏内で相手が弱点技を使ってくれず無駄に終わることがある。
  • たべのこし(13.3%)
キングシールドと組み合わせて耐久増を狙う。
  • ぼうじんゴーグル(10.5%)
対キノガッサ・ビビヨン・メガフシギバナを採用理由とする場合に採用する。
メガフシギバナ突破には剣の舞による積みが必要のため、物理型での採用が主。
  • ふうせん(7.8%)
構築における地面の一貫性を消すための採用が主。ガブリアスへの後出しもしやすくなる。
  • こだわりハチマキ(5.5%)
序盤は撃ち逃げしサイクル崩しし、終盤は影打ちで全抜き。シーズン4において大幅に増加。
  • ラムのみ(4.1%)
汎用アイテムの一つ。概要のバトルスイッチの仕様から、かかる状態異常の全てが致命的になるのでそれを防ぐ。
  • いのちのたま(3.7%)
物理特殊両技の威力増。剣舞影打ちによる全抜き性能確保。

素早さ考察

  • S57
Lv.49最遅。鉄球・尻尾持ち以外のLv.50ギルガルドに確実に後手をとれ、対面で有利。
出す前から素早さの関係がわかっているのでキングシールドや聖なる剣や鋼技を読んで後出しするのも可能。
ただし火力・耐久もともに下がってしまうことに注意。
特に火力はダメージ計算の関係上ステータス以上に下がることになる。
ブレードフォルム時の火力はレベル50における攻撃・特攻種族値およそ137に相当する。
  • S58
最遅。できる限り後手を取ることで、耐久値が低いブレードフォルムで敵の攻撃を受けないようにすることが目的。
これにより相手の攻撃を耐えて攻撃し、次のターンでキングシールドによりシールドフォルムに戻れる。
後手攻撃+先手影打ちで攻めていくことになるので、拘らない場合基本となる調整。
敵の攻撃を受けてから攻めるので、弱点保険と相性が良い。
ギルガルドミラーではHPが削れている場合不利になりがちだが、後手前提で動ける。
弱点保険と同じく非常に有名な調整目安であり、対戦相手にもメタられまくっているので注意。
  • S59~
素早さ個体値2~。最遅に近くしつつ、ギルガルドミラーで先手を取る目的でSを少し上げる調整。
敵ギルガルドに先手を取ることで、敵ギルガルドが影打ち圏内の場合ノーダメージで落とせ、
シャドーボール圏内の場合は影打ち以外の攻撃を受けずに落とせる。
一方で互いに体力が多い場合タイマンを張ると負けるデメリットがあるが、交代という行動を無理なく取れる。
ただし、Sを落としていないギルガルドには先手を取られるので、先手前提で動くのはやや危険。
S59で無振りトリトドンと同速、S60で無振りドサイドンと同速となる。
  • S80
無補正無振り。
鉢巻・眼鏡の場合、後手攻撃+先手影打ちができず、一撃で落とせる相手に繰り出しての撃ち逃げという
運用となるため素早さを下げる必要はない。一匹落とした後もできる限り先手を取れるようにする。
  • S82+α
無振りバンギラス抜き調整。(4振りバンギなども抜くため+α振りたい)。
60族付近にいる、バンギラス・ブルンゲル・オーロットなどからの被弾回数を減らしつつ縛るのが目的。
先手を取って縛るのが目的のため、持ち物は命の珠が標準となる。キングシールドは基本採用しない。
控え目167-153-70-221-70-82@珠で、H207B130バンギラスとH207D125ブルンゲルをそれぞれ聖剣とシャドボで丁度確1。
  • S112
準速。
主にみがわりを採用する場合、先手で使うことで呼ぶ変化技をかわせる。
  • S123
最速。
  • S184
最速スカーフ。

ステータス・指数

+ シールド:Lv50の実数値
+ 共通:Lv50の素早さ実数値
+ シールド:耐久指数
+ ブレード:耐久指数
Googleスプレッドシートで種族値を入れれば上記の表が作れます。

型考察

特殊型

性格:れいせい/ひかえめ
努力値:HP252 特攻252
持ち物:じゃくてんほけん/ふうせん/たべのこし/いのちのたま/もののけプレート/こだわりメガネ
確定技:シャドーボール
選択攻撃技:ラスターカノン/めざめるパワー/せいなるつるぎ/かげうち
選択補助技:キングシールド/みがわり

物理型の有効な対策の一つである鬼火で機能停止にならない点が利点となる。レートでは特殊型の方が数は多い。
(シーズン5現在れいせい、おくびょう、ひかえめ率合計52.8%)

  • めざめるパワーのタイプ
めざ岩…C184(54振り)以上ならHP振りファイアロー確1(火傷を無視して確定で倒せる)
めざ氷…C213(188振り)以上でD4ガブリアス確1。ふうせんとセットで採用したい。冷静最遅の理想値である個体値(5VS0)ならばこのめざパが使える。

物理型

性格:ゆうかん/いじっぱり
努力値:HP252 攻撃252
持ち物:じゃくてんほけん/ぼうじんゴーグル/ふうせん/たべのこし/ラムのみ/もののけプレート/いのちのたま
確定技:かげうち
選択攻撃技:アイアンヘッド/シャドークローorシャドーボール/せいなるつるぎ/もろはのずつき/からげんき
選択補助技:キングシールド/つるぎのまい/みがわり

特殊型と同様に後手からの攻撃を主体とする。剣の舞で火力増強が狙えるのが物理型の利点の一つ。
ぼうじんゴーグルであればビビヨン・ガッサ対策になり、メガフシギバナ相手に眠り粉を無効化しながら剣の舞を積んでいける。

相手がシールドフォルムを警戒して攻撃してこないのを読み、身代わりや剣の舞を使っていきたい。
ただし相手のみがわりには対応し辛いので、控えに特性すりぬけや連続技持ち、音系の技などの身代わり対策を何かしらで用意しておきたい。

技考察
  • かげうち
タイマンを征する技であることはもちろんのこと、剣舞珠と揃えれば終盤のフィニッシャーにもなり得る。
  • アイアンヘッド
安定した一致技にして、フェアリーへの遂行技。無効化されないのも特徴。
ただし、型の性質上怯みの恩恵は受けられず、お世辞にもとおりが良いとは言えない。
  • シャドーボール
受けループに役割を持つ場合に採用する。ラッキーは属性で完封でき、
H172D90エアームドにC170(勇敢C無振り)で49.4%~59.3%の高乱2と物理受けで止まらない。
無振りでもメインウェポンクラスの威力があり、両刀も評価点。
  • せいなるつるぎ
安定した格闘技であり霊技が半減以下にされる無・悪に対して弱点を付ける
霊闘の組み合わせは全ポケモンに対して等倍以上のダメを与えられる
さらに小さくなる等の積技無効なので剣舞球型のサブウェポンとしては必須級
  • つるぎのまい
自身の決定力を高められるほか、「最遅ギルガルド抜かれ調整」を施したポケモンに対するメタになる。
普通に攻撃すると返しの技でやられてしまうが、一度剣の舞を使って様子見することでお互いの素早さを確認でき、
そのターンに素直に殴ってくるようなら、ギルガルドの弱点保険が発動し剣の舞と合わせて無双状態になる。

フルアタ型

性格:いじっぱり
努力値:HP252 攻撃252
持ち物:こだわりハチマキ/いのちのたま/たつじんのおび/ゴツゴツメット
確定技:アイアンヘッド/シャドークローorシャドーボール/せいなるつるぎ
選択攻撃技:もろはのずつき/つばめがえし/おいうち/からげんき/かげうち

バトルスイッチがサイクル戦向きであることを活かし、
格闘・超など有利な相手に後出しし、交代先へ負担をかけていくことに特化した型。
相手交代先に攻撃した後、ギルガルドを引っこめるのでキングシールドは不要。

つばめがえしはメガヘラクロス、おいうちはエスパーに有効。
ゴツゴツメットはカイリューなど一部の物理に繰り出す時のみ有用

毒々みがシールド型

性格:おくびょう/ひかえめ/おだやか
努力値:素早さ252 HP16n+1調整 防御4以上 特防12以上 余り特攻
持ち物:たべのこし
確定技:シャドーボール/どくどく/みがわり/キングシールド

耐久ポケモンに役割を持つ型。通常のギルガルドが苦手とするポリゴン2、バルジーナ、零度スイクンなどを完封する。
また、ギルガルドミラーに対しては先手身代わりにより安全に相手のブレードフォルムを晒すことができるので優位に立てる。

調整について
基本はHSベースだが多様性がある。前提として攻撃は最低値(性格下降補正+個体値0~1)。これはバルジーナやポリゴン2などのイカサマに耐性を持たせるためである。一致イカサマをみがわりが確定で耐えるラインはH161-B171以上(B4振りが必須・H167であってもB4振りがなければ確定で耐えない)。B4振りが伴うためポリゴン2のダウンロード対策のためにはD12以上が要る。よって耐久ラインのミニマムはH161-B171-D172。HぶっぱだとSを切らない限りこの2つを両立できないため非推奨。ただし、一致イカサマ使いには挑発であしらわれるため一致イカサマを確定で耐える必要はないという見方もある。
  • 特攻調整ライン
C210:H167-D115メガゲンガー確1 H183-D105ガブリアス高乱2
C198:H157-D115メガクチート高乱2
C174:H135-D115メガゲンガー確1
C172:H172-D90エアームド確2 H141-D110メガカイロス確2 H185-D85ドリュウズ確2
C171:H155-D100ボルトロス確2 H155-D100メガバシャーモ確2
  • 特防調整ライン
H161-D192:C126ウォッシュロトムの10まんボルトをみがわりが最高乱数切って耐え
H161-D192:C136ライコウのほうでんをみがわりが最高乱数切って耐え
H161-D176:C111スイクンのなみのりをみがわりが確定耐え
H161-D175:C172ポリゴン2の10まんボルトをみがわりが最高乱数切って耐え
H161-D174:(ブレード時)C96クレセリアのサイコキネシスをみがわりが確定耐え
H161-D173:C146サンダーのボルトチェンジをみがわりが最高乱数切って耐え
  • 素早さ調整ライン
S123:最速
S112:準速
S108:4振りウォッシュロトム抜き
S107:4振りクレセリア抜き

配分例
実数値は特攻のみブレードフォルム状態のものを表記。
  • 161-49-171-172-175-123 (おくびょう 204-0-4-12-36-252)
テンプレ配分。
  • 161-49-171-198-172-107 (ひかえめ 204-0-4-76-12-212)
素早さを減らしてクレセクチートにメタを張ったもの。
  • 145-49-171-210-172-112 (ひかえめ 76-0-4-164-12-252)
素早さと耐久力を減らし、ポリ2ゲンガーにメタを張ったもの。クレセクチートも処理できる。
  • 161-49-171-172-192-112 (おだやか 204-0-4-12-36-252)
素早さを減らし、特殊の起点化範囲を増やしたもの。

スカーフ型

性格:おくびょう/ようき
努力値:素早さ252 攻撃252or特攻252
持ち物:こだわりスカーフ
選択物理技:シャドークロー/アイアンヘッド/せいなるつるぎ/もろはのずつき/いわなだれ/からげんき/かげうち
選択特殊技:シャドーボール/ラスターカノン/めざめるパワー氷

繰り出し性能がある高速中火力低耐久アタッカー。技威力が低いもののゴーストタイプの一貫性が高く終盤の抜き性能に期待できる。
高い繰り出し性能によりある程度サイクルに参加できる。反撃が痛いので中盤以降に縛れる相手に繰り出していく。
相手交代先を交代時の一発+もう一発で落とせる場合、そのまま先手で追撃できるのは他の型にはない強み。
また、ギルガルドの存在により見せ合い時に相手に選出されやすいガブリアスに対し、拘っていなければめざ氷を先手で放てる。

物理流し型

性格:ずぶとい/のんき
努力値:HP252 防御252
持ち物:たべのこし
確定技:シャドーボール/キングシールド
選択技:せいなるつるぎ/かげうち/みがわり/どくどく

極端に高い耐久種族値を活かして攻撃を耐えつつ、
固有技のキングシールドを物理流し用の技として活かす型。隙を見て攻撃や毒撒きを行う。

キングシールドの他、耐性・火力・猛毒と砂のスリップダメージを受けないなどの利点がある。
身代わりは、どくどくや食べ残し+シールドと相性が良く、ギルガルドの耐久に掛かれば攻撃を受けて生存することもざら。


ニダンギル

No.680 タイプ:はがね/ゴースト
特性:ノーガード(お互いの技が必中になる。あなをほる、そらをとぶなどをしている間でも命中する)
体重:4.5kg(けたぐり・くさむすびの威力20)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
ニダンギル 59 110 150 45 49 35
ニダンギル
(しんかのきせき)
59 110 235
251
45 83
99
35 無振り
全振り

ニダンギルの時点でも充分に戦えるステータスを持っており、しんかのきせきを持たせることによってHP振りだけで防御特化クレセリアに近い物理耐久を得られ、防御特化した場合はクレベースはおろか特化メガボスゴドラすら凌駕する物理耐久を誇る。
進化後のギルガルドと違い癖がなく、対ハッサムなど一部の積み技持ちのポケモンに対しての安定性で勝る。素早さが低いのでタイプ一致ジャイロボールも活かしやすい。
一方、特殊攻撃をしてこないことが攻撃する前からバレるため相手に対策を取られやすく、ノーガードは活かしにくく絶対零度などに注意。

最遅鉄球なしジャイロボールが威力80以上になるのは最速サクラビス(実数114)以上
最遅鉄球ありジャイロボールが威力80以上になるのは最遅59族(実数57)以上

ステータス・指数

+ Lv50の実数値
+ Lv50の素早さ実数値
+ 耐久指数
Googleスプレッドシートで種族値を入れれば上記の表が作れます。


型考察

しんかのきせき基本型

性格:ゆうかん/いじっぱり
努力値:HP252 攻撃252
持ち物:しんかのきせき
確定技:かげうち
選択攻撃技:ジャイロボールorアイアンヘッド/シャドークロー/せいなるつるぎ/からげんき
選択補助技:つるぎのまい/みがわり/どくどく/いばる

優秀な耐性と物理耐久で流しに向き、A種族値の高さから挑発を打たれても腐りにくい。
ギルガルドより読みを外した時のリスクが少ないのが長所であり、輝石持ちの物理耐久はトップクラス。
等倍ならマリルリのアクアテールが確4、ハチマキでも確3なので仕事はしやすい。
技の威力は低いがジャイロボールに限ればギルガルドのアイアンヘッド以上の数値を叩き出しやすいのも特徴。

輝石持ちでもA実値172(いじっぱり105族)の珠不一致地震まで確定3で、それ以上は乱数。
防御特化してもA200の一致地震が超低乱数2どまりなので弱点は極力突かれないようにしたい。


削除された型

※削除または削除からの復帰は報告してから行ってください。
+ 削除された型を見る



対ギルガルド

  • 注意すべき点
特性バトルスイッチにより、非常に高い攻撃力と耐久力を併せ持ち、はがね、ゴーストの組み合わせにより、耐性も優秀。
また、特性を書き換える技が効かず、タイプを変えてもフォルムチェンジで戻されてしまう。
弱点保険を持っていることが多く、中途半端に弱点を突くとそのまま暴走される危険がある。
後ろに相性補完の良いサザンドラが控えていることがある。

  • 対策方法
相手との読み合いに勝ってブレードフォルムのギルガルドに技を当てることができれば倒せる。
弱点保険が怖い場合は等倍の一致電気や水でゴリ押しするか、シールドフォルムのときに弱点を突かないようにする。
ギルガルドより遅く耐久力のあるポケモンなら、相手の攻撃後に確実にブレードフォルムを殴る事ができる。
但し、対ギルガルドだけの為に種族値50台等の激戦区にあるポケモンを最鈍にするのはリターンが少ないのでオススメしない。

  • 特殊炎タイプや地面タイプの攻撃技で普通に殴る
タイプ一致のオーバーヒートや、ガブリアスやホルードなどで高火力地震を打ち込む。非直接攻撃のためキングシールドも無意味。

  • みがわり
キングシールド読みのみがわりで優位に立つ。

  • おにび
物理型にのみ有効。特殊型にのんきに鬼火をして返り討ち…というのはよくあるため注意。
一致技が等倍で通り、鬼火が扱えるロトムがいると立ち回りやすい。

覚える技

レベルアップ

ヒトツキ ニダンギル ギルガルド タイプ 分類 PP 備考
1 1 - たいあたり 50 100 ノーマル 物理 35
1 1 1 つるぎのまい - - ノーマル 変化 20
- - 1 もろはのずつき 150 80 いわ 物理 5
- - 1 キングシールド - - はがね 変化 10
5 5 1 れんぞくぎり 40 95 むし 物理 20
8 8 - きんぞくおん - 85 はがね 変化 40
13 13 1 おいうち 40 100 あく 物理 20
18 18 1 ボディパージ - - はがね 変化 15
20 20 1 かげうち 40 100 ゴースト 物理 30
22 22 1 つばめがえし 60 - ひこう 物理 20
26 26 - かたきうち 70 100 ノーマル 物理 5
29 29 1 きりさく 70 100 ノーマル 物理 20
32 32 1 てっぺき - - はがね 変化 15
35 36 1 つじぎり 70 100 あく 物理 15
39 42 1 パワートリック - - エスパー 変化 10
42 45 1 アイアンヘッド 80 100 はがね 物理 15
47 51 1 せいなるつるぎ 90 100 かくとう 物理 15

技マシン

マシン 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考
技06 どくどく - 90 どく 変化 10
技10 めざめるパワー 60 100 ノーマル 特殊 15
技11 にほんばれ - - ほのお 変化 5
技15 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5
技17 まもる - - ノーマル 変化 10
技18 あまごい - - みず 変化 5
技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20
技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20
技30 シャドーボール 80 100 ゴースト 特殊 15
技31 かわらわり 75 100 かくとう 物理 15
技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15
技33 リフレクター - - エスパー 変化 20
技40 つばめがえし 60 - ひこう 物理 20
技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20
技44 ねむる - - エスパー 変化 10
技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15
技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15
技54 みねうち 40 100 ノーマル 物理 40
技65 シャドークロー 70 100 ゴースト 物理 15
技67 かたきうち 70 100 ノーマル 物理 5
技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5
技74 ジャイロボール - 100 はがね 物理 5
技75 つるぎのまい - - ノーマル 変化 20
技80 いわなだれ 75 90 いわ 物理 10
技87 いばる - 90 ノーマル 変化 15
技88 ねごと - - ノーマル 変化 10
技90 みがわり - - ノーマル 変化 10
技91 ラスターカノン 80 100 はがね 特殊 10
技94 いわくだき 40 100 かくとう 物理 15
技100 ないしょばなし - - ノーマル 変化 15
秘01 いあいぎり 50 95 ノーマル 物理 30

タマゴ技

XY 威力 命中 タイプ 分類 PP 遺伝経路
きんぞくおん - 85 はがね 変化 40 自力
かげうち 40 100 ゴースト 物理 30 自力
みちづれ - - ゴースト 変化 5 デスマス
ワイドガード - - いわ 変化 10 遺伝経路参照

教え技

XY 威力 命中 タイプ 分類 PP

その他

タイプ 分類 PP 詳細

遺伝

タマゴグループ 鉱物
性別 ♂:♀=1:1

遺伝経路

きんぞくおん ヒトツキ(Lv.8)など
かげうち ヒトツキ(Lv.20)
みちづれ デスマス(Lv.49)
ワイドガード プロトーガ(Lv.25)orママンボウ(基本・Lv.53)→ミズゴロウナエトルパラスイシズマイ

外部リンク