ヘイザム・ケンウェイ
(Haytham E. Kenway 1725 - 1781年)

ヘイザム・ケンウェイはアサシンであるエドワード・ケンウェイの息子として生まれたが、10歳ごろからレジナルド・バーチによってテンプル騎士として育てられた。

その後テンプル騎士団の初代植民地グランドマスターを1754年から1781年に亡くなるまで務めた。

また彼はコナー(ラドンハゲードン)の父であり、デズモンド・マイルズの祖先でもあった。

アサシンクリードⅢではシークエンス3まで彼を操作できる。



伝記


誕生と幼少期(1725年~1735年)

+ ...

ケンウェイ邸襲撃事件(1735年12月)

+ ...

テンプル騎士としてのヨーロッパでの活動(1743年~1754年)

+ ...

父の敵を追って(1757年~1758年)

+ ...


コメント欄

  • あの人の剣術すきだったわ、なんかクール - 名無しさん 2013-12-15 22:52:29
    • 彼の戦闘モーションカッコイイよね。AC史上一番好き。 - 名無しさん 2013-12-23 20:38:03
    • 右袈裟・左袈裟→右袈裟・左袈裟→喉突き
  • 4プレイすると、父親譲りの大胆さを受け継いでることがよく分かる - 名無しさん 2013-12-24 09:24:14
  • 最近あらためてやってみたけど、もっとこの人のことは掘り下げて欲しかった。 - 名無しさん 2014-06-06 17:32:37
  • こういう考えを持った人があの時代にアサシン側にいれば良かったね。ま、ローグでヘイザムさんが味方として出るみたいだから期待したいね。 - 名無しさん 2014-08-19 08:55:54
  • ローグの舞台が7年戦争とか言ってたから、父の仇を追うくだりか、その後か。 - 名無しさん 2014-08-23 15:57:54
名前: