10.18第16回学習会のお知らせ


No! 「リスクを選べ」

Yes! 「リスクは避けよ」

      汚染と被ばくを押付ける危険な掛声

前回の学習会では、中西準子さんの本の解剖が時間切れになってしまいました。そこで補充報告を行うとともに、政府や福島県が進めている、被ばく受忍を迫る被災者対策の本質について探ります。

1、被ばく受忍強制の掛声「リスクを選べ!」が響く (by 菊池京子)

2、中西準子「原発事故と放射線のリスク学」批判=その2 (by 田島直樹)
~線量単位変更のトリック~

3、日野行介著「被災者支援政策の欺瞞」が問題提起するもの

著者の日野行介さんが取材にお見えになります。

10月18日は夜開催です
アカデミー茗台(めいだい)学習室A
18:00開場 18:15開始 21:15閉会

地下鉄丸の内線茗荷谷駅下車、春日通りを右へ、徒歩8分、
茗台中学校と同じビルで隣りの入口。 エレベーターで7階へ

【参加費】700円
【申込】anti-hibaku@ab.auone-net.jp














.